コールマン作「スープの時間ですよ。」の説明です。



ギャラリーコールマンオンライン作品集

ギャラリーコールマンTOPへ戻る

2013/01/10
スープの時間ですよ。

今回の作品はまたペンのみで描いた漫画です。思い付いたセリフを思い付いたキャラクターに与え、すべての点に以前語った「意識の流れ」という方法を利用しました。テーマは「神様は我々人間から何がほしい」です。

This is another comic that I drew with pen only. I jotted down lines as I thought of them to a character that I made up as I went along. This comic is a "stream of consciousness" work in every sense. The theme is, "what does God want from us?"

キリスト教で、神様の特性とは全知(すべてのことを知っている)、全能(無限の力を持っている)、偏在(どこにでも存在している)」であるとまとめられています。これが本当のことであれば、すべてのことを知り、無限の力を持ち、どこにでもいる存在に対して、私たち弱い人間たちは何もあげられないという考え方があります。土を掘って神殿を作っても、その土はもともと神様のものであり、土を掘った人たちも神様に作られたから人間たちも神様のものでもあり、神殿の作り方が分かる能力でさえ神様が作り出したものなので、元々神様からもらったものを利用して作ったものを神様にあげるということは無意味であるという考え方ですね。もともと、その神殿自体は既に神様のものでもあるから、神様のものを神様にあげるというのも不可能な行為といってよいでしょう。そこで、神様は私たちから何が欲しいだろうという議論が存在するわけです。この話題に関して、いろいろな意見が存在しますが、今回の作品にその議論を半分からかう気持ちで描きました。ただ、描いた時は、神様が実際存在しているのなら、神様は私たちから何が欲しいかということは知るすべが全くないと感じていたこともありました。そこで、すこし悲しい気分も入り込もうとしました。

In Christianity, the qualities of God are summed up as being omniscience (infinite knowledge), omnipotence (unlimited power), and omnipresence (present everywhere). There is a line of thought that goes, ok, if this is really true, there is absolutely nothing that we frail humans can really give to an entity that knows everything, has unlimited power, and is present everywhere. Even if we dig into the earth and build a temple, the soil is something that belongs to God, the people that dug the soil were created by God and therefore belong to Him, and even the ability to build a temple was created by God. So, this line of thought states that, as it turns out, there is absolutely no meaning to giving to God something we made using entirely things we originally received from God. And in fact, you could even say that the temple itself belongs to God, and therefore it is actually absolutely impossible to give something to God which originally belongs to God anyway. This leads to the discussion of, ok, well, just what is it that God wants from us? There are of course many different opinions on this topic, but I drew this comic in sort of a half jesting mood poking fun at the discussion itself. But I also was also kind of feeling like, if God really does exist, it is impossible for us to know what he wants from us. So I tried to instill a little bit of sadness into the work.

I mean, what if God just wanted some tasty soup? Like with olives and some... or... maybe peppers?
神様って、ただおいしいスープを飲みたかっただけかもしれない。オリーブ入りとか、そして… または… 唐辛子とかかな?

But you know...
でもね…

Nobody will ever really know...
そんなのって、私たちには知るすべもない


ギャラリーコールマンTOPへ戻る


ご利用の際は、必ずご利用上の注意・免責事項をお読みください。