翻訳家によるコラム「契約書・政治経済・アート・スポーツコラム」



契約書・政治経済・アート・スポーツコラム

契約書・政治経済・アート・スポーツコラム一覧へ戻る

2010/10/04
イチロー選手 10 年連続 200 安打

契約書翻訳、経済翻訳、政治翻訳、スポーツ翻訳担当の佐々木です。

今回は 10 年連続 200 安打を達成したイチロー選手についてです。

アメリカ・大リーグ( Major League Baseball )のシアトル・マリナーズ( Seattle Mariners )に所属するイチロー選手が 10 年連続 200 安打を達成しました。昨シーズンに自らが打ち立てた 9 年連続 200 安打の大リーグ記録をさらに更新しています。

日本のプロ野球から大リーグに挑戦して 1 年目から毎年 200 安打以上を打ち続けていますが、イチロー選手は、「簡単でないことは僕が 1 番知っている」と話しています。マリナーズは今季もア・リーグ( American League )西地区の最下位に沈むなど、チームの不審が続いています。そのような状況でモチベーションを維持することは容易ではありません。また、イチロー選手は今シーズン日米通算 3500 安打も達成しましたが、日本での安打数も含まれているためにアメリカでの評価はそれほど高くありません。しかし、 10 年連続 200 安打は大リーグの選手たちも、「今後 100 年は破られない記録」と称賛しています。

イチロー選手も今年で 37 才となり、年齢による衰えを指摘されることがたびたびありますが、今シーズンの盗塁( steal )数は 40 個を超えるなど、地道なトレーニングと徹底した体調管理でそのスピードを維持しています。大リーグではピート・ローズ( Pete Rose )選手が 200 安打を通算で 10 回達成していますが、来シーズンも 200 安打を放ち、通算の回数でも記録を塗り替えてほしいと思います。


契約書・政治経済・アート・スポーツコラム一覧へ戻る


ご利用の際は、必ずご利用上の注意・免責事項をお読みください。