翻訳家によるコラム「契約書・政治経済・アート・スポーツコラム」



契約書・政治経済・アート・スポーツコラム

契約書・政治経済・アート・スポーツコラム一覧へ戻る

2011/11/14
読売ジャイアンツの内紛について

契約書翻訳、経済翻訳、政治翻訳、スポーツ翻訳担当の佐々木です。

今回は読売ジャイアンツ(巨人)の内紛についてです。

巨人の清武英利球団代表が11月11日に文部科学省(Ministry of Education, Culture, Sports, Science and Technology)で会見を行い、来季のコーチ人事などをめぐって渡辺恒雄球団会長と対立していることを明らかにしました。清武代表によると、来季のコーチ陣がすでに内定していた11月9日に、渡辺会長から江川卓氏をヘッドコーチ(head coach)にするよう通達があったとのことです。球団側は岡崎郁ヘッドコーチの留任を決め、10月20日に渡辺会長の了承を得ていたが、突如渡辺会長から江川氏のヘッドコーチ就任と岡崎ヘッドコーチの降格通告があったと反論しています。

今回の会見を受け、原監督は「非常に影響力の強い2人ですが、残念です。」と話し、江川氏も「正式に話は聞いていませんが、名誉なことです。しかし、このような状況では多くの関係者にご迷惑をかけてしまうことになるので、お受けするのは難しいと思います。」とのコメントを発表しています。

清武代表の会見は独断で行われており、桃井恒和オーナーも当日まで知らなかったとのことです。清武代表への処分は避けられない見通しですが、球団の体質に対して問題を提起した代表へは賛同する声も上がっています。しかし、このようなトップ同士の内紛、ましては人気球団の内情をさらすことによってプロ野球界全体の信頼が損なわれてしまいます。プロ野球ファンのためにも、日本シリーズ(Japan Championship Series)の開幕を前に水を差すような行為は慎んでもらいたいと思います。


契約書・政治経済・アート・スポーツコラム一覧へ戻る


ご利用の際は、必ずご利用上の注意・免責事項をお読みください。