翻訳家によるコラム「契約書・政治経済・アート・スポーツコラム」



契約書・政治経済・アート・スポーツコラム

契約書・政治経済・アート・スポーツコラム一覧へ戻る

2011/10/12
スティーブ・ジョブズ氏についてについて

契約書翻訳、経済翻訳、政治翻訳、スポーツ翻訳担当の佐々木です。

今回のテーマはスティーブ・ジョブズ(Steven Paul Jobs)氏についてです。

アップル社(Apple Inc.)の共同創業者であり前最高経営責任者(CEO:Chief Executive Officer)のスティーブ・ジョブズ氏が10月5日、56歳の若さで死去しました。ジョブズ氏は1976年にスティーブ・ウォズニアック(Stephen Gary Wozniak)氏とともにアップル社を立ち上げて「Apple」や「Macintosh」のパソコンを世界的にヒットさせるなど、当時は企業向けだったコンピュータを個人にも浸透させました。社内対立により1985年にアップル社を去りますが、1997年に復帰。厳しい経営状況が続いていたアップル社は「Think different.」のスローガンを掲げ、iMacの投入により復活を果たします。2000年にはCEOに就任し、iPodとiTunesで音楽事業に参入します。また、2007年にはiPhoneを発表し、携帯電話事業は現在アップル社の総売上高の約半分を占めるまでに成長しました。特にiPhoneは携帯電話の概念を根底から変え、スマートフォン(smartphone)の先駆けとして多くのユーザから支持を得ています。

2004年に膵臓癌(pancreatic cancer)と診断され、数度の手術や肝移植が行われましたが、2011年1月には休職することが発表されました。そして8月にはCEOを辞任しています。ジョブズ氏の死去後もビル・ゲイツ(Bill Gates)氏やバラク・オバマ大統領が声明を発表するなど、その早すぎる死を悼む声は後を絶ちません。私たちの生活を劇的に変化させたスティーブ・ジョブズ氏の功績は非常に大きいものだったと改めて実感している方も多いのではないでしょうか。


契約書・政治経済・アート・スポーツコラム一覧へ戻る


ご利用の際は、必ずご利用上の注意・免責事項をお読みください。